⚠記事内に広告を含みます

値上げ前にふるさと納税しようかな?

以前よりニュースで話題となっていたふるさと納税、どうなら令和5年10月より値上げするようですね。

それとふるさと納税で提供される商品のルールも変わるらしいのですが、僕たちから見るとただの改悪にしかなりません。

どうせなら年内で購入しておきたいふるさと納税、それなら値上げしない内に購入しておきたいと考える僕です。

値上げするみたい

ふるさと納税にかかる金額の内訳が変更となり、返礼品に使える金額の額が減らされるそうです。

今後、12,000円で購入できていた商品がもしかしたら14,000円などに値上げする可能性や、内容量を減らされて実質値上げの商品がでてきそうですね。

僕は去年もふるさと納税をしました。しかしその頃はふるさと納税も物価高の影響を受けており、いつも買っている商品が約2,000円程値上げをしていました。

この流れだと今年のふるさと納税も更に値上がりしていると思いますが、これが更に値上げされるということですね。

米と熟成肉のルール変更

今まで他県や海外などから取り寄せた肉や米を加工し、ふるさと納税の返礼品としても問題無かったのですがルール変更となり、その都道府県で生産された肉や米でないとふるさと納税の返礼品として使用できなくなります。

なぜ肉と米だけなのかな?

今年は肉にしようと考えていたのですが・・・

低所得へのダメージは大きい・・・

ふるさと納税は手数料の2,000円が差し引かれ、その残った金額分、次年度の住民税から差し引かれます。もし数ヶ所でふるさと納税をしても、トータルでかかる手数料は2,000円だけで済みます。

なのでふるさと納税は控除枠が広い高所得者が有利で、僕みたいな低所得者にはかなり不利な制度です。

例えばふるさと納税で利用できる控除額が10,000円だとします。その場合で選ぶ商品は手数料込みで12,000円以下の商品を探すのですが、これが14,000円まで値上がりしたり、内容量を減らされても困ります。年間の所得が確定しないと正確な上限額も分からないので、控除額ギリギリでのふるさと納税はおすすめできません。

困りますね・・・

あとがき

いつもは年間所得が大体分かる年末頃にふるさと納税をしていたのですが、来月から値上げするみたいなので今月中にふるさと納税をしようかと考えています。

今年は肉にしようと考えていたので、ルール変更される前に購入したいですね。

値上げしても手数料は2,000円だけで残りは控除額に応じて住民税が安くなります。ただ所得が低い側からすると2,000円値上がりするだけで控除額の上限にかかるので困りますね。

来年はどうしようかな?

もし、手数料2,000円払ってもお得だと思う商品があればするかと思います。僕はあまり控除額が少ないので、少しの値上がりだけでも大打撃です・・・

もし、値上げ前にふるさと納税をするなら早めがいいですね。

コストコの年会費をふるさと納税で買うのはどうかな?