UQmobile+5Gプランを契約してみての感想

僕は以前にUQmobileを契約していましたがOCNモバイルONEに興味を持ちMNPをしました。

OCNモバイルOneの評判と契約してみて感じたメリットとデメリット

ただすぐに解約をしてUQモバイルへ帰ってきました。

今回はUQmobileの4Gプランと5Gプランの違い、それぞれのメリットやデメリット、お得なUQモバイルの契約方法等を紹介していきたいと思います。


料金プラン

料金プラン(料金)は旧くりこしプランと同じになります。

違いは5Gの通信が使えるようになるくらいで料金は変わりません。

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
基本料金1,628円2,728円3,828円

次は通話のオプション料金です。プレフィックスは無しで電話をかける事ができます。電話の使用用途に合わせての契約がお勧めです。

ちなみに僕は10分かけ放題を契約しています。

通話オプションの料金も旧くりこしプランと同じです。

通話パック(60分/月)かけ放題(10分/回)かけ放題(24時間いつでも)
料金550円770円1,870円

自宅セット割の追加

くりこしプラン+5Gのプランからは基本料金割引サービスである自宅セット割(でんきコースorインターネットコース)が追加となりました。

割引額はS・Mプランは-638円・Lプランは-858円です。

UQ mobileの自宅セット割(でんきコース)は安くなるのか? UQ mobileの自宅セット割(インターネットコース)は安くなるのか?

自宅セット割は別住所に住む親兄弟でもセット割に紐付けれるのがいいですね。僕もそれで割引を受けています。

お勧めはでんきコースです。インターネットコースはそもそも対象のインターネットサービスの料金が高すぎるので注意です。


増量オプションⅡが1年間無料、その後の金額も安い

くりこしプラン+5Gには増量オプションがつけられます。

金額は月額550円となっております。

  • Sプラン →基本データ容量3GB+増量分2GB
  • Mプラン →基本データ容量15GB+増量分5GB
  • Lプラン →基本データ容量25GB+増量分5GB

上記のプランに2GB〜5GBが追加されます。不安になる手動チャージが無くなり、自動で付与されるようになりました。

特にSプランがいいですね。恐らく月に5GBも使えれば充分な利用者が多いかと思います。

僕も月に3〜4GBくらい使用するので丁度良い容量となりました。

そして嬉しい事にデータ増量分も翌月までくりこしができます。


データ容量のくりこしが改善されている

旧くりこしプランでは契約しているデータ容量のプランまでしかくりこしできませんでした。

例えばSプランなら3GB分までしかくりこしできず。残りのデータ容量は切り捨てとなっていました。

くりこしプラン+5Gならデータ容量の上限を超えてのくりこしが可能です。

例えばSプランではMプランの15GB分もくりこしも可能となっています。


データ通信のバースト機能が無くなっている

旧くりこしプランは非公式ですがデータ通信のバースト機能があり、低速通信でも一瞬だけ高速で通信をしてくれるおかげでウェブ閲覧でもある程度は対応できていました。

ただくりこしプラン+5Gはその機能が無くなっており、低速通信が遅くなっています。

Sプランの低速通信は200kbps前後くらいしかでなくなりとても遅く感じています。通信を使うアプリは駄目ですね。かなりのストレスです。

まぁ低速通信を使わないなら気にされなくても問題ないですね。


UQmobileの契約先

まずは家電量販店で契約する場合です。対面で契約する事ができ、設定まではサポートしてくれます。キャッシュバックとかのキャンペーンは多いか少ないかは家電量販店しだいです。

次はUQmobile(au)の店舗での契約です。多分店舗での契約が1番旨みがないかと考えます。特にキャッシュバックキャンペーンもないです。対面での契約を希望する場合は、家電量販店の方がお得なキャンペーンもしているのでお得です。

ここからは個人で開通手続きが必要ですがUQmobileの公式サイトで契約する方法です。これなら自宅にいながらスマホを使って申込みができます。公式サイトで開催しているキャンペーンもありお得に契約できますよ。僕も公式サイトで契約しました。契約も難しくなく、案内通りに進めれば問題ありません。いざとなったら電話のカスタマーサービスに頼る事もできます。

最後ですがAmazonでUQmobileのウェルカムパッケージを購入する方法です。これはUQmobileの公式サイトの手続きで使用するダウンロードコードを購入する方法となります。このコードを使う最大のメリットは契約事務手数料3,300円が無料になることです。そして公式サイトのキャンペーンも受けれますのでお得にUQmobileへ契約できます。僕はUQmobileへ契約してからこれに気づきました・・・本当にショックです。事前にウェルカムパッケージを購入しておいておくのもいいですね。


UQmobileの公式サイトキャンペーン

現在はSプランが6,000円分、MプランとLプランが10,000円分をauPAY残高にチャージのキャンペーンが行われています。auPAYは使えるお店も多く残高の消化には困らないかと考えます。他の使い道はauPAYプリペイドカードへ申込みをして、Amazonのギフト券を購入する方法もあります。これなら残高を簡単に使い切る事もできますよ。

残高の反映は契約した月の翌月末頃にauPAY残高にチャージされます。事前にメールで案内がきますよ。

僕のお勧めは契約月にMプランで契約して翌月に残高チャージを確認してからSプランへ契約変更する方法です。


契約のタイミング

UQmobileの契約月の料金計算は日割となっています。多分締め日がバラバラのソフトバンク以外のサービスは、月末締めで解約月も満額請求が殆どだと思います。

なので末日の2週間前くらいにはMNP手続きをして、Amazonでウェルカムパッケージを買うか公式サイト等で契約すれば出費を最低限に抑えられるかと思います。

ちなみUQmobileのSIMカードは契約してから最長で7〜10日くらい届くのに時間がかかるケースもあります。

僕は月末の前日に届いたのでとても焦りました。


まとめ

現在僕はUQmobileへ出戻って使ってますがとても快適に使用できています。

マイページも見やすいのがいいですね。

低速通信が遅いと言われている+5Gプランですがデータくりこしが強化された点と増量オプションが大変便利ですので僕はお勧めできますよ。

そしてご自身や家族がauでんきに契約して自宅セット割が使えれば更にお得にUQmobileを使う事ができます。

人気ブログランキングへ