高齢の親の為にかけ放題付き携帯電話料金を各社比較してみた

最近通話専用の携帯電話販売がだいぶ縮小されてきています。高齢者や仕事の営業で需要はありそうだと考えています。今回はキャリア、サブキャリアで契約できるかけ放題専用回線を比較していきます。

先に結論から言うと最安の料金ならY!mobile一択です。

きっかけ

最近妻の親の電話機が壊れたらしく新しい電話へ機種変更をしてました。よりにもよってiPhoneSE2です。せめてかんたんスマホが良かったのですが使い方が分からずにパニックになっています。余り無責任で高齢者にスマホをお勧めするのは止めて欲しいです。売るならスマホがどういう操作が必要になるかをしっかり説明をして欲しいです。スマホへ契約後、親と連絡が取れなくなり困りました。

キャリアの料金は高すぎるのでそのまま使い続けてくれればサブキャリアへ変更されるのですが、パカパカの携帯電話へ戻りたいと相談を受ける前に逃げ道を考えていきたいと思います。

各社かけ放題を比較

機種変更前に契約していたのが、データ通信はできないLTEの税込2,420円のかけ放題プランです。値上げ前のプランでもう契約できないのでかなりショックです。

では値上げ後のプランを比較していきます。

基本プランかけ放題
オプション
合計
au
(データ1GB)
3,278円3,278円
ドコモ
(データ100MB)
1,507円1,870円3,377円
ソフトバンク
(音声)
1,078円1,980円3,058円
Y!mobile1,027円1,100円2,127円

各社ガラケーは契約して欲しくないのか、料金表を探すのが一苦労しました。

改定前では2,420円くらいでガラケーのかけ放題ができました。上記の表は改訂後の料金表となりますが、見事に値上げしてますねデータ通信はいらないので料金を下げて欲しかったです。

その中でY!mobileだけは変わらず2,127円となります。なので最安値でガラケーのかけ放題を持つならY!mobileとなります。

※上記の料金表では端末代や端末補償等のオプションをは除いてます。

Y!mobileの契約はオンラインショップがお勧め

僕が勤めている会社から1番最安値でかけ放題付きのガラケーの見積もり依頼があった時に提出した内容です。

結果Y!mobileに決定して使用してますが特に不便なく利用できています。

1番お得に機種を購入するならY!mobileのオンラインショップが端末値引きがあるのでお勧めです。僕の勤め先の社長がY!mobileを契約した時は最寄りの家電ショップで契約をしており、端末値引きがなかったです。

※オンラインショップで契約する時の注意点、利用タイプは【通話のみを選択】、オプションで【スーパーだれとでも定額】を選べば月2,127円のかけ放題ガラケーの完成です。端末補償はお好みです。

まとめ

高齢者や営業マンからは需要のありそうなかけ放題付きのガラケーですが、月の維持費が値上がりされ、2,000円台でのかけ放題はY!mobile一択となってしまいました。

スマホを選択肢に入れれば安いかけ放題プランも実現できますが、僕の親等はスマホの操作は難しいですしオンラインで安いプラン契約も無理です。改定前の安い料金プランを契約されている方は新プランにしないでそのまま契約するのがお得なケースもあります。

携帯ショップで契約するなら2年、3年後の月額料金をしっかり確認しましょう。

人気ブログランキングへ