⚠記事内に広告を含みます

OCNモバイルONEの大幅値上げと終焉

つい先月頃、OCN系列がドコモへ吸収されたとのニュースがありましたね。一番気になるOCNモバイルONEもドコモへ吸収されたので、サービス内容をそのまま継続するのかドコモのサブブランドへなるのか?

ついにその答えがでました・・・!

結論ですがOCNモバイルONEユーザーからみると致命的な改悪で大幅値上げ、そしてサービスまでも大幅に劣化してます。

どうしてこうなった?

サービス名称変更

OCNモバイルONEの新規受付は終了。今後はドコモのプランへ組み込まれます。

新名称はirumo(イルモ)、今後はドコモが手薄だった低用量向けのサービスを担っていくでしょう。

なんでもかんでも値上げの時代、日本を明るくする為ドコモがおトクなサービスを始めると仰っています。しかしやってる事はサービスの劣化と値上げで矛盾を感じます。

OCNモバイルONEユーザーは絶対に移行しちゃダメ

そしてOCNモバイルONEの新規受付は令和5年6月26日を最後に終了となります。それまでにOCNモバイルONEを契約しているならそのままサービスを受けられますので一安心です。

ですが今後の見通しは不透明、雑多あるMVNOの中でOCNモバイルONEの通信品質はとても優秀なので残念ですね。

OCNモバイルONEは今後ドコモの料金プランへ継承されます。もしOCNモバイルONEで満足しているならそのまま回線を維持した方がいいです。

料金プラン

気になる料金プランも発表されました。最近のキャリアのトレンドは露骨な囲い込み。

自社サービスをフル活用した場合の料金をデカデカと強調してます。

時代はシンプルから複雑怪奇へ進んでいます。

irumo
(インターネット割)
OCNモバイルONE
(インターネット割)
0.5GB550円550円
1GB770円
(550円)
3GB2,167円
(1,067円)
990円
(770円)
6GB2,827円
(1,727円)
1,320円
(1,100円)
9GB3,377円
(2,277円)
10GB1,760円
(1,540円)
インターネット割引

irumo:1,100円割引

(ドコモ光かドコモのホームルーター契約)

OCNモバイルONE:220円割引

(OCN光契約)

※0.5GBのプランは両方とも割引対象外

これはかなりの値上げですね。それと料金支払いをdカードにすれば187円の割引を受けられます。しかしこれだけの為にdカード(クレジットカード)を作るのはあまり現実的ではないですね。

フルサービスで割引を受けてもOCNモバイルONEより高いという残念な結果です。

それと肝心なドコモ光の月額料金ですがファミリータイプが5,720円、マンションタイプが4,400円と光でんわ抜きでこの値段はかなりお高めです。

探せば安いインターネットプロバイダは沢山ありますよ。

お勧めできる光インターネットを契約前提に考え中 GMOとくとくBB光は月額料金も安く高額なキャッシュバックまで貰えるよ


UQモバイルの時もそうですが最近のキャリアはサブブランドなどでも自社のインターネットサービスや自社のクレジットカードを持たないと割引してくれないですね。

月額費無料の方のdカードは僕も持っておりますがマツモトキヨシの買物用となっています。

dカードについて考える

シンプルな料金プランから複雑怪奇な料金プランへ先祖返りしつつありますね。UQモバイルでもそうですが簡単にMNPができなくなりました。

UQモバイルが大幅値上げ残念でなりません

データくりこし不可

OCNモバイルONEにあったデータくりこし、もはや必須のサービスなのですがirumoでは何とデータくりこしが不可です・・・!

irumoのホームページを探してみたりページ内検索をかけてみたり、ヘルプを見ても何処にも記載がありません。

仕方ないのでカスタマーサービスへ問い合わせをした所、データくりこしは無いとお墨付きをいただきました。

かけ放題のサービスが大幅に劣化

OCNモバイルONEは数あるMVNOの中で早めに10分かけ放題や完全かけ放題サービスを取り入れてきました。

それと一番利用が多い上位3名のみ完全かけ放題サービスなど、個性が光るサービスを提供してくれました。

しかし・・・!

irumoOCNモバイルONE
5分
かけ放題
880円
10分
かけ放題
935円
トップ3
かけ放題
935円
完全
かけ放題
1,980円1,430円

irumoのかけ放題サービスですがOCNモバイルONEと比べかなり劣化したサービスとなっています。そのうえ大幅に値上げしています・・・

とくに10分かけ放題が5分かけ放題の変更は致命的な改悪です。電話をよくされる方ならあるかもしれませんが、5分では時間がやや足りません。10分あればほぼ何とかなります。

かけ放題サービスで個性のあったOCNモバイルONEですが見る影もありませんね・・・

それとOCNモバイルONEの通話料30秒/11円も、irumoは30秒/22円と倍値上げしてます。

あとがき

ドコモの新しい料金プランには期待はしたのですが、UQモバイルと同じ大幅値上げとサービス劣化でかなり残念な内容となりました。ahamoの時はかなりの衝撃を受けたのですがね。

ドコモ系の通信サービスが好みならそのままOCNモバイルONEを継続、もし他社へ行くなら日本通信やIIJmioなどのMVNOサービスなら月額料金は安いでしょう。

僕は電話をよく使いますが肝心なかけ放題が5分への短縮、データくりこしも不可となったので僕的にはこれはないですね。いったいこれの何がおトクなのでしょう?

今から10年前以上のスマホ料金はあまりに高額で本当に酷かったです。そんな時にOCNモバイルONEは僕に格安SIMの概念を教えてくれたとても思い出深いサービスでした。しかしそれがこんな形で終焉を迎えるなんて残念でなりません。

OCNモバイルONEのままで事業継続すればよいものを・・・

しかし既存契約者はOCNモバイルONEのサービスを引き続き使えるのでそのまま大事に使いましょう。OCNモバイルONEは月額固定費が安く、良質なMVNOのサービスが受けられました。しかしデータ通信と通話料やかけ放題の値上げ、繰り越せないデータ通信と5分へ短縮されたかけ放題、それが新サービスのirumo(イルモ)です。