12月分の燃料費調整額(電気料金)が発表されたよ

令和5年1月分は下記をどうぞ

令和5年1月分の燃料費調整額(電気料金)が発表されたよ

毎月の30日頃に電力会社から燃料費調整額の発表がありますが、28日に全国各電力会社より12月分の燃料費調整額が発表されました。

まだ値上げが続いていますね。

全国の各電力会社で燃料費調整額の上限が違うので、お住いの電力会社のホームページでご確認下さい。

ただ従量電灯プランは燃料費調整額に上限があるので安心できます。

しかし自由料金プランの方は各都道府県の電力会社が続々と中止を発表しています。

該当地域にお住いの方は、すみやかに従量電灯プランへ契約変更された方が電気料金が安くなる可能性が高いです。

新電力会社に契約する意味はない

新電力会社は燃料費調整額の上限がない所が多く、契約する意味はないです。

そしてついに11月からソフトバンクでんきとauでんきが燃料費調整額上限を撤廃します。

電気料金や通信費を安くする為に、ソフトバンクでんきやauでんきに契約したと思いますが、11月検針分より大幅に高くなるので注意です。

auでんきが提供している電気料金シミュレーターが分かりやすかったので、1度確認してみて下さいね。

ドコモでんきは12月より燃料費調整額の撤廃が始まります。

ソフトバンクでんきを契約してる方、大至急見直しを推奨します auでんきを契約してる方、大至急見直しを推奨します ドコモでんきを契約してる方、大至急見直しを推奨します 

僕もauでんきと契約していましたが、つい先日に地域の電力会社への避難が完了しました。

取り敢えずは一安心です。

各都道府県の燃料費調整額

電力会社燃料費調整額
(上限あり)
燃料費調整額
(上限撤廃後12月)
北海道電力3.66円/kWh9.75円/kWh
東北電力3.47円/kWh12.57円/kWh
東京電力5.13円/kWh11.92円/kWh
中部電力5.06円/kWh11.04円/kWh
関西電力2.24円/kWh10.15円/kWh
中国電力3.19円/kWh14.36円/kWh
四国電力2.55円/kWh11.21円/kWh
九州電力1.94円/kWh7.63円/kWh
沖縄電力3.98円/kWh17.98円/kWh

上記は参考程度で、詳細は各社ホームページでの確認が確実です。特に九州電力の料金がよく分からなかったです。

沖縄県がかなりぶっ飛んだ金額になっています。これオール電化プランにしてる世帯がヤバそうですね。

各電力会社に、従量電灯プランがあるかと思います。これには燃料費調整額に上限があるので電力会社の自由プランへ契約しているなら、従量電灯プランへ戻す事をお勧めします。

まとめ

各電力会社から12月分の燃料費調整額が発表されました。

しかし従量電灯を契約している方は燃料費調整額に上限があるので、電気料金は変わらないのでご安心下さい。

ただそれ以外のプランは、燃料費調整額の上限が設定されていないと考えた方がいいですね。

しかしこの燃料費調整額の上限も何時まで維持してくれるかは不明です。

そして一部の電力会社が、規制料金(従量電灯プラン)の値上げ申請を国へ行ったとのニュースも気になりますね・・・